工業団地

2020. május 01. 10:32 péntek

過去30年にわたって、エステルゴムはこれまでにない強力な工業化を遂げました。 かつてはドログ市とニェルゲシュウーイファル市の周辺が産業の地域的中心でしたが、今日では明らかにエステルゴムが経済的中心になっています。ここまで発展するきっかけとなったのは、グリーンフィールド投資、工業団地での工場設立、特にマジャールスズキの設立とそのサプライヤーネットワークの設立です。

近年、エステルゴムの産業およびインフラ開発にはEUおよび国家的資源が大きな役割を果たしてきました。

2018年の補助金データに基づくと、エステルゴム郡の補助金総額は500億フォリントでした。これは、全国の郡レベルでは31位。エステルゴムで実施中のプロジェクトの中では、ラーコシュレンデズ-駅・エステルゴム間の鉄道の電化と、それに関連する統合的交通開発国家プログラム(IKOP)が金額では最大額。市に関連する支援額の半分以上はこのカテゴリに属しますが、プロジェクト関連の設備投資はエステルゴム市内に限らず、近隣の市、郡にまたがって実施されています。

エステルゴム市が管理する工業団地の面積は250ヘクタール、そのうち現在新規で利用可能な面積は約20ヘクタールです。さらに工業団地外に追加可能なエリアがあり、そのサイズは約26ヘクタール。このエリアは自由に工業向けに利用可能です。